わが社のここがポイント
  • 長野県の物流企業の中ではトップクラスの売上
  • 資格取得への積極的な支援
  • 若くても何でも挑戦することができる職場環境

高校を卒業するまでは松本市を離れたことがなかったのですが、大学の4年間だけ、神奈川県で暮らしていました。実は当初大学卒業後もそのまま関東で働こうと思っていて、就職活動も関東の企業を中心に、業界や業種を問わずに受けていましたね。そんななか、社名に聞き覚えのあった当社に出会いました。

今の会社を選んだ理由は

当社を選んだ決め手は、物流業界という社会を支える仕事が自分に合っていると感じたこと、「甲信越地域No.1企業を目指す」という経営理念に惹かれたことです。また信州に帰省をする度に、きれいな空気やおいしい水、人々の温かさに触れ、それまではなかった「信州で働く」という選択肢に気持ちが寄っていったことも、最終的に当社を選ぶ決断に繋がりました。

どんな仕事をしていますか

入社後は上田支店に配属されて、約2年間はセールスドライバーを経験しました。当社は「総合職」「セールスドライバー」という2種類の採用枠があります。私は総合職で採用されましたが、他の同期も含め、最初は「現場を知る」という目的でセールスドライバーを経験しました。ドライバーごとに担当エリアが割り当てられ、そのエリアのお客さまへの配達や集荷を行うのがおもな業務でした。ドライバーは不規則なイメージが強いかもしれませんが、当社は法人相手のサービスなので、日曜・祝日は休みですし、土曜もシフト制で出勤する日と完全に休日になる日があります。財務部に配属されてからは、協力会社への支払処理などを担当しています。異動した当初は、毎日外に出ていたドライバー業務とのギャップに戸惑いましたが、今は扱う金額が大きく重要な仕事を任されているということにやりがいを感じています。

職場の雰囲気は

若手の意見を聞き入れてくれる柔軟さがあります。今の部署で「効率的なシステムに変えたい」と上司に提案したところ任せてもらうことになり、とても嬉しかったですね。