わが社のここがポイント
  • お客さまの100%の満足を目指す「ハイエンド光学デバイス」
  • 製品の企画・設計から生産まで、国内一貫のものづくり体制
  • 趣味の世界から宇宙に広がる、信頼される技術力

小さい頃からモノづくりが大好きで、学生時代はメカ設計について学びました。大学時代を過ごした長野が好きになり、長野県で就職したいと考えていた時に当社と出会い、説明会へ参加することに。当社は高性能レンズを得意としていますが、すべてを自社一貫生産していることを知り、さまざまな業務に携わることができそうだ、モノづくりの本質的なところから関われそうだと感じました。さらにフレンドリーで風通しの良い社内の雰囲気にも魅力を感じ、入社を決めました。

どんな仕事をしていますか

主にプロジェクターレンズの光学設計を行なっています。お客さまと打ち合わせをしながら、光学設計を行い、生産の立ち上げまでを担当しています。プロジェクターレンズは何種類ものレンズを組み合わせた構造となっています。設計によって性能が大きく変化するため、お客さまが求める解像度などの品質を出すために日々試行錯誤しています。お客さまとの打ち合わせでは実際に試作品で映像を投影し、直接ご意見をお伺いすることも。不足する部分を共有でき、また具体的な対応方法についてその場で話すことができるので設計にすぐにフィードバックできます。

仕事のやりがいは

お客さまから褒めていただいたり、先輩から「今室のレンズが使われていたよ」と聞かされた時には仕事にやりがいを感じます。また、以前担当した広角レンズが、大きな建物への映像投影に使用されたときも、大きな喜びを感じました。多くの人が映像を楽しまれている様子を見ることができて感動しました。

会社の雰囲気は

優しい人、モノづくりが好きな人が多いように感じています。私は現在、2機種目を担当させていただいているのですが、はじめて担当を持ったときに、上司から「自分の設計したレンズを我が子のように愛でて、自信を持ってやるんだよ」と声をかけていただいたことがありました。そのような思いを大切に、これからもお客に喜んでいただけるレンズを作っていきたいと思っています。