わが社のここがポイント
  • 自由な職場の雰囲気
  • 企画、開発、生産、販売を自社で一貫して行う
  • オンリーワン商品を生む出す要素技術開発

大学院時代に半導体材料の研究をしていたのですが、その結果が世の中に役に立つには、かなり時間がかかることを実感したんです。もう少し短いスパンで社会に生かされるものを作りたいなと、メーカーへの就職を考えました。当社は、多種多様な電気計測器を開発から販売まで一貫して手がけており、その体制に興味を持ちました。さらに設計部門も製造や販売などのフィールドにしっかり関われると聞き、ものづくりの全体を捉えて働いてみたい自分には魅力的な環境でした。実は首都圏と地元のどちらに就職しようか悩んだのですが、人事担当の方の「この出会いはご縁ですね」という言葉にひかれて、入社を決意しました。

どんな仕事をしていますか

当社の主力商品で、電流の測定を行う「カレントプローブ」の開発に携わっています。大学院で半導体材料の研究をしていたので、製品のコアパーツに半導体材料が用いられていると知り、改めて技術力の高さを実感しましたね。この半年は、新製品開発の高周波設計に携わって、従来製品の改善に取り組んでいました。最初の数か月は課題解決の糸口が全くつかめず、仮説を立てては検証する日々でした。不安が募っていた時に「失敗から得るものがあるはず。もう 少し粘ってみないか」と上司から励まされたんです。そのひと言で肩の荷が下りた気がして、そこから不思議とうまくいきましたね。結果、求めていたパフォーマンスを発揮できる製品を作ることができました。上司も生粋の技術者なので、高い精度やパフォーマンスの実現というビジョンを共有しています。なおかつ若手が自分の考えを導き出すのを見守ってくれる環境ですので、達成感や成長を実感できます。

今後の目標は

以前は課題にぶつかることが不安でしたが、今は解決すべき課題に出あうと「どうやって乗り越えてやろう」と考えられるようになってきました。この調子で、他の追随を許さない“実力値No.1の製品”を作っていきたいですね。