わが社のここがポイント
  • 富士通グループ会社ならではのメリットが多い
  • 個人の成果、行動が評価されやすい
  • 設備設計、金型、プレス加工、モールド成形、部品実装、めっき、組立等の社内保有技術

当社が手がけているのは、タッチパネルやキーボード、コネクタなど多種多様な電子部品。設備設計や金型設計、生産工程の設計から製造まで、様々な加工技術を組み合わせ、一貫したものづくりを行なっているので、お客さまからの要望にスムーズに応えられるのが特徴です。私は生産技術部に所属し、射出成形技術者としてプラスチック部品を射出成形する工程の改善などを行なっています。メモリカードやキーボードを見ると、電子部品にはプラスチックの部品が多く使われています。“射出成形”とは、これらのプラスチック部品を大量生産するのに適した技術。とても奥が深い技術で、入社時には上司から「10年やって1人前」と聞きました。実際に小さな違いで大きな変化がありますし、思い通りにいかないこともしばしば。しかしその課題に向き合い、対策を考えて工夫することで、目に見える形となってできあがるので、やりがいのある仕事です。

どのように就職活動をしましたか

就職活動で大切にしていたのは「興味のある分野」と「地元で働ける企業」の2つです。スタート時は「研究職」に職種を絞っていたため、うまくいかずに悩んだ時期も。そんな時大学のキャリアセンターで「生産技術職」という職種があることを知り、仕事選びの視野が広がりました。一度立ち止まって考え行動したからこそ、自分に合う仕事を見つけられたのだと思います。

仕事で大切にしていることは

「仕事とは社会貢献をするためのもの」という言葉にとても共感しています。私が現在携わっている製品も、さまざまな場所で、多くのお客さまに使っていただくもの。それはとても嬉しいことですし、誇らしいことでもあります。今後も社会に役立つものづくりに関わっていきたいですね。

今後の目標は

国家資格のプラスチック成形技能士検定にチャレンジすることです。自分の実力が技能試験で分かるので、働くうえでのモチベーションにもなっています。現在2級を取得しましたが、知識と技術を磨いて、ゆくゆくは最高等級の“特級”を目指したいと思っています。