わが社のここがポイント
  • な~が~のこうの~う♪会社設立から55年!地元に根付いた企業
  • ”安全・安心”高品質な製品を提供
  • 中小企業ならでは、若手社員の活躍中

大学では生物を専攻していて、食品の成分を分析したり、食べたものが健康にどう影響するかなど、食品科学について学んでいました。大学で学んだことを生かしたいと思っていましたので、就活は食品メーカーなど「食」に関わる仕事に絞っていました。また、大学に進学するときに「就職は長野で」と既に考えていたので、就活は長野に戻ってきて行いました。

今の会社を選んだ理由は

幼い頃からCMで馴染みのある会社でしたので興味を持っていました。就活では10社程選考を受けていましたが、当社の工場見学に参加したとき、廊下ですれ違っただけで気さくに話しかけてくれる方もいて、働いている社員の方の雰囲気が良いなと感じました。職場の温かい雰囲気と風通しの良さがあることはとても働きやすそうな環境だなとも思い当社に入社を決めました。実際働いてみてからも、上司や先輩方が「何か困ってることがないか」と声をかけてくれることもあり、集中して仕事に取り組めています。

どんな仕事をしていますか

入社後3ヶ月は研修期間があり、仕事の流れを覚えていきます。工場内にある各部署を1週間ごと周っていき、会社全体の仕事内容を学んだ上で配属されるのですが、私は現在ペットボトルにラベルを貼る「ラベラー」の担当をしています。ラベルを装着する機械を扱うオペレーターをしているのですが、繊細な神経と集中力が求められます。のりの調節はオペーレーターがするのですが、その作業は100分の何ミリという世界。ラベルがちょっとでもずれたり、厚みが違ったりすると、中身に問題がなくても検査で引っかかってしまうので責任重大です。何事もなく一日を終えられると達成感がありますね。今はしっかりと目の前の仕事を覚えていきたいと思っていますが、ゆくゆくは品質管理に関われる仕事もできたらと思っています。

休日の過ごし方は

就職で初めて長野市に来たので、おいしいお店を探したり、同期と集まってご飯を食べに行ったりしています。家でゆっくり映画を観たりして過ごすことも多いですね。