わが社のここがポイント
  • マグネット応用機器メーカーとして、国内トップレベルのシェア
  • 自分のアイディアを仕事に活かせる
  • 仕事とプライベートの両立がしやすい

地元でものづくりがしたいと思い、就職活動では東信地方のメーカー数社の採用試験を受けました。そのなかで当社は実家の近くということもあり、子どもの頃から親しみを感じていましたし、最初に内定をいただいたことにもご縁を感じましたね。ただ、磁石の分野で世界に通用する技術力があることは知っていましたしとても魅力でしたが、大学で勉強してきた自分の専門分野ではなかったので正直不安もありました。それでも採用担当の方から「開発に必要な技術や知識は入社後に習得できる。スタートラインは全員一緒」と聞き、それなら挑戦してみようと入社を決めました。

どんな仕事をしていますか

当社では金属加工から食品、化学など、さまざまな分野で使われるマグネット応用機器を開発・製造・販売しています。私は入社後の3年間、工作機器課という部署で標準品をベースにしたカスタマイズ品の設計に携わっていました。1点1点、お客さまのニーズに合わせたアレンジ力が求められますし、中にはかなり特殊な仕様を短納期で仕上げるというハードな案件もありましたが、そうした経験も含めて多くのことを学べたと思います。忙しい時期もありますが、「プライベートも大切にしよう」という職場の雰囲気もあり、趣味のサイクリングでリフレッシュをしながら両立しています。この春からは新製品の開発を手がける開発課に異動しました。まだ先輩から引き継いだ案件をこなすので精一杯ですが、上司が「開発課では設計技術だけでなく、市場のニーズをつかむアンテナや、他部署との連携力も培われる。ものづくりの面白さを存分に感じられるチャンスだ」と言ってくれるので、前向きに取り組めていますね。

今後の目標は

新製品の開発では、製造工程での作りやすさやコスト、用途を満たす機能や強度など、複数の条件をクリアする必要があります。その上で自分の発想力を形にしていきたいですね。ゆくゆくは、より多くの分野でニーズを満たし、世の中の役に立つヒット製品を開発することが一つの目標です。