わが社のここがポイント
  • 全てのライフステージに合わせた食事が学べる
  • 研修を通して、多くの同期・先輩との繋がりを持てる
  • 若い従業員にも挑戦するチャンスがもらえる

当社は、幼稚園・保育園、学校、オフィス、工場、病院、高齢者施設などすべてのライフステージの方に合わせた食事をご提供しています。学生時代に取得した栄養士の資格を生かす仕事がしたいと考えていた私にとって、幼児期から高齢期までさまざまな人が求める“おいしさ”をつくることができる環境は魅力的でした。また全従業員が対象の研修制度や講習会も充実して、高いレベルの知識・経験を得られることにも惹かれました。「やるからには高いレベルを目指したい」と思い、入社を決めました。

どんな仕事をしていますか

現在は丸子中央病院事業所の責任者として、入院中の方の病態に合わせた献立の協議・検討、病院栄養士さまとの打ち合わせ、勤務シフトの作成、新人教育などを行っています。当事業所にはさまざまな患者さまがいらっしゃるので、使用する食材を変えたりして、1つの献立に20種類近くのレシピを用意することも。さらに当事業所ならではの取り組みが、有名シェフとのコラボメニュー。月に1回、入院中でも季節感のある食事が楽しめると好評をいただいています。入社4年目ですが多くのチャンスをいただき、成長を実感しています。

仕事のやりがいは

患者さまや病院さまから、お褒めの言葉をいただくのが嬉しいです。食事をご提供する際に、名前や食事の情報が書かれた“食札”をお付けしているのですが、その裏に「生涯、忘れられない味でした」とメッセージをいただいたことも。“当たり前のこと”と考えがちな食事ですが、病院にいらっしゃる方にとってはそれが最後の食事になるかもしれません。そんな大切な一食をご提供できること、喜んでいただけることに大きなやりがいを感じます。

信州で暮らす魅力は

私が栄養士を志したのは、小学生時代の“地産地消”にこだわった自校給食がきっかけ。学生時代を東京で過ごしたからこそ、改めて信州産食材のおいしさや新鮮さに気づくことができました。食を通じて多くの人を笑顔にしていきたいですね。