わが社のここがポイント
  • 創立70年余で培ってきた鋳造技術
  • 中子・バリンダーなどお客さまのニーズに応える製品開発
  • 一貫した生産体制の確立による品質の高さ

長野県内で、自動車やバイクに関連する仕事がしたいと考え、インターンシップに参加してみようと企業を探している時に当社のことを知りました。10日間のインターンに参加し、さまざまな経験をさせてもらいましたが、特に現在所属している第一生産技術課でCADや設計に関わる業務を体験し「こういう仕事をやってみたい」と感じることができました。自分で考え、つくったものが製品としてできあがることに魅力を感じたのです。さらに設計から加工まで一貫した生産システムの中で製品に付加価値をつけていることや、製品ごとにテストピースを作って、不良を出さないために徹底した検査をしていることにも惹かれましたね。

どんな仕事をしていますか

素材の品質管理を担当しています。当社では、製品を作る際に同じ素材で試験用のテストピースを作成し、製品がきちんとした成分で作られているか検査をしています。私の仕事は、そのテストピースを調べ、硬さや組織が規定値を満たしているか判断することです。テストは3段階あり、クリアできていなければ製品をストップさせるシステムになっています。製品は毎回全く同じ条件で作ることはできないので、品質を守るための責任ある仕事。お客さまに不良品を渡さないために徹底した品質管理をするんだ、という気持ちで日々業務に励んでいます。入社して半年ですが、新しいことを知り、できることが増えていくことにやりがいを感じます。

今後の目標は

まずはできることを増やしていきたいですね。上司や先輩は気軽に声をかけてくれ、新しいことを教えてくれるので風通しが良く働きやすい環境だと思います。第一生産技術課はお客さまからご依頼いただいた図面をもとに、鋳造の技術でどうやって形にしていくのかを考える部署なので、ゆくゆくは自分で製品を立ち上げ、生産までを担当してみたいですね。お客さまには自動車、建設機械関係の方が多いので好きな分野に携われていることも嬉しいです。