わが社のここがポイント
  • 資源循環型社会構築~環境に優しいリサイクル事業
  • 社内行事やボランティア活動で社員同士の交流も盛ん
  • 開拓者精神の信念を持って社会・産業・自然との共生

出身は松本市ですが、山梨県大月市にある短期大学に進学したため2年間県外で暮らしました。短期アルバイトをするために東京へ何度か足を運ぶことがあり、通勤ラッシュや人の多さに疲れてしまい「私には合わない」と感じてしまって。そこで就職活動では地元の企業に絞り、さらに実家から通えることを条件に探していたところ、巡り合ったのが当社です。

今の会社を選んだ理由は

県外で一人暮らしを経験してから長野の自然の良さを改めて実感し、自然環境の維持に携わる仕事をしたいと考えたからです。そんなとき当社の「将来を見据えて、限りある資源を有効活用する資源循環型社会を目指す」という経営方針に惹かれました。当社は会社周辺の道路のゴミ拾いをしたり塩尻の河川で草刈りをしたりと、清掃活動を積極的に行っています。そのような活動を通じて社会に貢献できることも、大きな魅力に感じました。また説明会に参加した際、当社のブースで社員の方に笑顔で迎えられて、とても良い印象を受け自分と雰囲気が合うなと感じたことも理由の一つです。

担当している業務は

総務部管理課という部署で産業廃棄物のマニフェスト作りに携わっています。マニフェストとは、産業廃棄物の処理が適切に実施されたかどうかを確認するための書類のこと。排出される産業廃棄物に応じて処分方法や処分先が異なるため、間違いが無いかをチェックして専用のソフトへの入力を行います。日によってマニフェストの量が違うため多い時はとても大変です。電話応対時に知識不足で答えられないこともありますが、先輩や周りの人に助けてもらいながら、勉強の毎日です。

会社のアピールポイントは

 2019年春採用から、県内初の奨学金返済支援が適用されることになりました。金額の上限は500万円。ほかにも社員が働きやすい環境を整えていただき、とてもありがたく感じています。