わが社のここがポイント
  • シフト性の希望休制度なので友人と予定が合わせやすい
  • 年齢に関係なく、上の立場に進むことが可能
  • 年齢が近い先輩が近くに多いので気軽に相談できる

自他共に認める「長野大好き人間」の私が就職活動でまず優先したのは「地元長野県で働けること」。当初はスーパーマーケットなどを中心に調べていましたが、ある日何気ない気持ちで当社の説明会に参加。その後、実際に店舗に足を運んでみたところ、他店には見られないアットホームな雰囲気がとても印象に残ったんです。「こんな職場で働いてみたい」と、ぐっと入社への思いが高まりました。

どんな仕事をしていますか

ドラッグストア数店舗での勤務を経て、2年目にして店長を経験。3年目である今年は、ここ南信州で新規店の店長を任されることになりました。業務の中心はスタッフの勤怠管理や店舗内のメンテナンス、スケジュール調整など、店舗運営全体を見渡すマネジメント業務が中心。新規店ゆえのプレッシャーはありますが、「自分の色に染められる」という可能性も大きく、とてもやりがいを感じています。

会社の魅力は

人生100年時代に突入したと言われる今、健康に関する市場は十分な伸びしろがあると考えました。配置薬の老舗であり、近年は新薬の研究開発まで手がける富士薬品グループの一員であるという安心感もありますね。薬学部出身でなくても、私のようなドラッグストア社員や薬局医療事務社員など、活躍の場はさまざま。意欲があれば若くして店長になることも可能です。複雑な薬の内容等についても、本社との連絡体制が確立されているので心配ないですし、一つの店舗に社員2名以上が基本となっているため、一人で問題を抱え込むこともありません。こうしたマネジメントの充実も含めて、当社を選んでよかったと思っています。

就活生へのメッセージを

幅広い情報収集は基本。決め手となるのはやはり「自分の足で会社や先輩を訪ね、目で見て確かめる」ことだと思います。肌で感じた雰囲気や印象は、入社しても意外と変わらないもの。なかなか決められない、という人ほど、まずはたくさんの会社や説明会に足を運ぶことをおすすめします!