わが社のここがポイント
  • 資格取得を積極的にすすめている
  • 若年層への教育支援体制が確立している
  • 若手社員でも責任ある立場で仕事を任せてくれる

自分の手で何かをつくる、ものづくりの仕事に就きたいと考えていました。自然や土に触れることが好きで、高校で学んだ図面作成やCADの知識を生かせると思ったので、進路は迷わず建設業界へ。当社が一般土木や建築に加えて、地盤改良工事も多く施工していることを知り、興味がある分野の仕事ができそうだと入社を決めました。地盤改良工事とは、軟弱な地盤にセメントなどを入れ、建物の基礎となる部分を作る工事のことをいいます。柔らかい地盤が多い長野県で、建物の安全性に直結する重要な仕事ができることにも魅力を感じました。

どんな仕事をしていますか

道路をはじめとした官庁工事の現場代理人や、地盤改良工事の品質管理を担当しています。これまでに、商業施設やカーメーカーの関連施設の施工に携わりました。パソコンに向かって工事の計画書や施工データをまとめる仕事もありますが、私は現場に出ることが好きですね。何もないところに基礎ができあがり、多くの人が使う道路や建物が完成するのを見るとやりがいを感じます。さらに管理者として、知らないことを知り、できることが増えていくのでとても楽しいです。今後は重機に乗るような仕事もしてみたいですね。資格取得をサポートしてくれる制度があるので、積極的にチャレンジして活躍できる場を増やしていきたいと思います。

信州で働くことの魅力は

特許を取得した工法をはじめ、当社の技術は当社にしかできないものが多くあります。そのためお客さまは長野県内にとどまりません。つい先日も群馬県の現場に行ってきましたし、県外出張も多くあります。出張から帰ってくると、信州の豊かな自然やきれいな空気、おいしい食べ物が自分に合っていることに改めて気付かされます。暮らしやすく、働きやすい環境が信州にはあると思います。

休日の過ごし方は

当社では働き方改革を行なっており、隔週の土曜日と毎週日曜日が休日となりました。しっかりと休みが取れるので、好きな本を読んだり友人とドライブに出かけたりしてリフレッシュしています。