わが社のここがポイント
  • 超精密金型を開発から設計、製造、販売、アフターフォローまで行う自社一貫体制
  • 自動車部品やスマートフォン向けのハイエンドな半導体製造に当社の技術力が貢献
  • 若手社員が増え、同年代の部門を越えた横のつながりが強くなりつつあります

現在の仕事は半導体製造装置の金型設計。大学で専攻した化学とは畑違いの分野ですが、専攻にこだわらず自分が興味のある仕事をしたいと思い、就職活動ではものづくりを中心に製薬やITなど幅広い企業を見て回りました。その中でも当社に惹かれたのは、今までの人生で関わりがなかった新しい分野に挑戦したいと思ったから。有給取得率の高さや残業が少ない企業風土など、働きやすさも重視しました。

どんな仕事をしていますか

スマートフォンや車など、暮らしを取り巻くものに欠かせないのが半導体です。製作過程で中身を保護するためコーティングを行うのですが、それに使うモールド金型をCADで設計しています。鯛焼きに例えるとICチップがあんこ、コーティングが生地で、私は鯛の金型を作っているイメージですね。CADを使うのは初めてでしたが研修で学び、実践を通して技術を高めています。一口に半導体と言っても用途が違えば仕様も素材も変わり、そのつど最適な金型が必要です。お客さまには国内外の有名な半導体メーカーが多く、高い品質と細やかな対応が求められますが、その分やりがいは大きいです。

仕事のやりがいは

入社当初は部分的な仕事を頼まれることが多かったのですが、最近は先輩にサポートしてもらいながらプロジェクト全体を任されるようになり、お客さまとの打ち合わせにも参加しています。当社はベテランエンジニアが多いのですが、若手にどんどん任せて技術を継承していく風土も。製造現場が社内にあり、完成品を自分の目で確かめられることもやりがいです。初めて設計した部品が完成した時は、「自分が書いた図面が形になった!」と感動しました。

信州で働くことの魅力は

 就職して初めて長野で暮らし始めましたが、時間の流れが緩やかで、人もせかせかしていないですね。満員電車から解放されたのも嬉しいです。東京へも新幹線で遊びに行きやすいので、有給を取って好きなアーティストのライブに出かけることも多いです。