わが社のここがポイント
  • 設計・加工・組立・制御までの自社内一貫生産
  • 多種多様な業界に対応する豊富な製作実績
  • 若手中心のエネルギッシュな環境

大学在学中からものづくりに関わる仕事に関心がありました。一方で、当時私が専攻していたのは化学。ものづくりに関する専門的な技術や知識が乏しい私が、ものづくりに携わることはできるのだろうかと悩んでいました。そんな時に出会ったのが当社の「生産管理」の仕事。自動省力化機械を社内で一貫生産している当社では、設計・加工・組み立て・電子制御などすべての部門を統括する「生産管理」が大きな役割を担います。常に状況が変わり続ける生産現場をとりまとめることは大変ですが、得られる知識や経験は大きく、成長とやりがいを感じます。

仕事で大切にしていることは

当社が製作する自動機は、食品、自動車、精密機器など多業種のお客さまに使っていただいています。求められる機能や機構は1台ごとに異なるため、すべてがこの世に1台しかない省力化機械。まずはお客さまのご要望に合わせて社内で具体的な設計やコンセプトを決めていきますが、真剣だからこそ意見がぶつかることも。全員が同じ方向を向いてものづくりができるようにするのも、生産管理の大切な役割だと感じます。知識不足を痛感する毎日ですが、お客さまのためにより良いものをつくりたいという思いで取り組んでいます。

今後の目標は

当社がこれまで培ってきたノウハウを使った自社製品の開発に携わってみたいです。これから立ち上がる若手を中心とした新しいプロジェクトでは、これまでの受注生産から一歩踏み出したチャレンジをしていく予定です。若手が活躍できる環境があることが嬉しいですね。

就活生へのメッセージ

大学で学んだ知識やものの考え方は、社会人になった後でも発揮することができます。企業選びをする際には「大学で学んだことを生かしたい」と考えがちですが、まずは「どういう仕事がしたいのか」を改めて考えてみるのが良いと思います。経験のない業界だったとしても、切り口を変えればさまざまな関わり方ができるはず。興味と好奇心を信じて飛び込んでみてください!