当社は舗装工事をメインに道路工事に特化した会社です。長年培ってきた技術とアジアトップクラスの重機保有率で、全国の主要道路だけでなく、東南アジアやアフリカなど20ヵ国以上の海外でも道路工事を請け負ってきました。工業高校の土木科に通っていた私は、学んできたことを活かすため当社への入社を決意。施工管理として資材の手配から工事の工程管理、品質管理、スタッフへの指示出しなど工事全体を把握し責任を持って完成させる役割を担っています。予算や工期期間、従業員の安全衛生管理など、さまざまなことを同時進行で考えなければいけませんが、無事に工事が終わり、できたばかりの道路を1番最初に歩くときは、達成感でいっぱいになります。

仕事で気をつけていることは

現場では協力会社さんと一緒に進めることもありますので、コミュニケーションを取ることを意識しています。もともと人見知りなタイプで、高校を卒業してすぐに就職、5ヶ月後には施工管理として現場を任されていましたので、19歳の若造が、ベテランの職人さんに指示をするという状況に…。最初は緊張しましたね。でも自分が指示を出さないと工事は進みませんし、連携が取れてないことでケガなどの大きな事故にも繋がります。そこでまずは仲良くなろうと移動中の車の中や休憩中に思い切って話しかけてみました。そしたら皆さん優しくて。特にお酒の話は盛り上がって一気に打ち解けましたね。相手のことを知り信頼関係を作ることで連帯感が生まれ、仕事もスムーズに進められることを学びました。

今後の目標は

国家資格である一級土木管理技士を取得し、もっと仕事の幅を広げていきたいです。当社は若手にもどんどんチャンスを与えてくれます。希望すれば海外の仕事も夢ではありません。やりたいことをしっかり受け止めてくれる職場だからこそ、更にスキルを上げ、大きな工事現場を任されるような人材になりたいと思っています。