わが社のここがポイント
  • 地域密着型の組織なので、地域住民の皆さんと深く関わることができる
  • 組合員(生産者)の皆さんと一緒に地元の食と農を守る
  • 職員同士の繋がり(絆)がとても強い職場です

祖父母がりんご農家を営んでいたため、幼い頃から農業は身近な存在でした。進学した農業大学校で学んだのは、仲間と一緒に作業することで味わえる収穫の喜びや農業の楽しさ。農業に関わる仕事に就きたいと考えるようになり、産地全体に携わってみたいという思いが強く、農家ではなく当組合を志望しました。

どんな仕事をしていますか

組合員さん、部会員さんに向けた果樹の栽培指導を行なっています。果樹は多品目で、りんごやぶどう、ももをはじめブルーベリーや梅も含まれます。上田は果樹に適した気候のためどんなものでも栽培できるのが魅力。だからこそ覚える事が多く、日々勉強です。はじめはぶどうの花を見たことがないほどの初心者でしたが、現在は専門用語を使いながら、農家さんと対等に話せるようになりました。収穫時に「指導のおかげでいいのがとれた。来年もやってみるよ」と言っていただいた時は嬉しかったですね。農業は天候に左右されるため、一度として同じ条件で栽培することはできません。農家さんにとって有益な情報を届けることを大切にしています。

今後の目標は

上田の果樹は、まだまだ知名度が高くありません。産地全体を盛り上げて、農家さんがしっかり稼げるようにしていきたいです。さらに「農家になりたい」と思う若い人が増えたらいいですね。地域として上田の産地を守っていくために、世代の違う農家さん同士の交流や情報の伝達など組合員さん、部会員さんを橋渡しする役割を担っていきたいです。

信州で働く魅力は

生まれ育った信州に貢献しながら、自分自身も成長できることです。当組合は地域に密着しているため、地域の方と触れ合いながら働くことができます。時には「吉山のじいちゃんとこの孫かい!」なんて声をかけていただくことも。JAといえば「農業」のイメージが強いと思いますが、当組合は金融や共済、高齢者福祉の事業も手掛けているため上田地域を支える仕事ができるのが当組合で働く魅力です。