わが社のここがポイント
  • 国内トップクラスのシェアを誇る自社製品を製造する完成機メーカーである
  • 客先毎の特殊仕様にも柔軟に対応することができる技術・生産体制
  • 製造部門と同一の建屋で、フロアも仕切りのない開けた職場で気軽に話せる雰囲気がある

当社が手がけているのはものづくりを支えるための機械。多くの産業ユーザーさまにお届けしているバーフィーダー、ツーリングは、国内トップクラスのシェアを誇ります。特に工作機械に、材料となる棒材を自動で送り込む装置「バーフィーダー」を製造しているのは国内に2社のみで、「バーフィーダーといえばアルプスツール」と言われるほど。ニッチな分野ですが世界で活躍するものづくりができることに惹かれ入社を志望しました。さらに技術者ひとりが担当する仕事の範囲が広いのも当社の魅力。メカ・電気・プログラムなど機械完成までのすべてを担える環境はなかなかないと思います。

どんな仕事をしていますか

1年間の研修の後、バーフィーダーの技術部門に配属されました。新規設計や担当する機種の改良、お客さまごとに異なる特殊仕様機の設計を行っています。必要に応じて動作の検証や騒音測定などの実験も行いますし、販売した機械に対する問い合わせ対応や、展示会では技術的なアドバイスも。必要な知識が広範囲となるため毎日が勉強ですが、困った時は「上手な解決方法はありますか?」と素直に質問することを心がけています。最近は機械全体のデザインを任せていただく事も増えたので、さらなるステップアップを目指したいですね。

仕事のやりがいは

展示会でユーザーさまにお会いし「1回も止まらずに動いてて、調子いいよ」と声をかけていただいた時はお客さまの仕事の役に立っていることを実感し嬉しかったです。実際に使っている方の顔を見て、お話を聞くと「もっといいものがつくりたい」と思います。現在私が担当している機械はこれまでのノウハウを生かした設計が多いので、将来はベースがゼロの状態からつくる設計にも携わりたいです。

就活生へのメッセージを

自分にとって本当に良いと思える就職先は、自分でしか決められません。私は「何を大事にしたいのか」「興味のある仕事は何か」を考え、マッチしている企業を見つけて活動をしました。決定打は「自分の気持ち」ですよ!