わが社のここがポイント
  • さまざまな種類の巻線機がある
  • 学びやすい環境を会社がサポートしてくれる
  • 製品の試作・開発から量産まで行えること。そのなかで先進的なことを目指していること

学生のころは、漠然と機械に携わる仕事がしたいと思ったくらいで、真剣に進路を考える機会がありませんでした。バイト経験もないまま就職した会社で、“社会人の壁”にぶつかり、人間関係や仕事の悩みを抱え込み、体調を崩してしまって。退職して療養中、家族から「こんな会社が近くにあるよ」と勧めてもらったのが当社でした。これまでの経験より精密な製品をつくる仕事なので、自分にできるか正直不安でした。でも面接時に「社内で実地に即して学べば大丈夫、全員スタートラインは一緒ですよ」と言ってもらえたので、挑戦を決めました。

担当している業務は

当社で製造しているコイル・モーターは、半導体産業から一般家庭のガスコンロまで、幅広い分野で使われています。自分が担当しているのは、自動車のヘッドランプの光軸を自動調整する機構に組み込まれる小型モーター。この機能がついた国産車では、ほぼ100%のシェアがある製品です。工場内は最新の生産設備が整っているので、絶縁塗装、巻線、ハンダ付けなどの工程が自動化されているものも多いのですが、塗装やハンダ付けはその日の気温や湿度によって仕上がりに微妙な差が生じてしまうんです。その都度人の目でチェックして機械を調整し、条件に左右されず精度の高い製品を仕上げることが求められます。仕事を覚えるまで先輩がつきっきりで指導してくれたので、今では塗装の厚みをミクロン単位で調整するなど、複雑なオペレーティングも任せてもらえるようになりました。

今後の目標は

上司や同僚とコミュニケーションが取りやすい環境ですし、自分の仕事が車に乗る多くの人の安全に貢献しているのだと思うと、やりがいを感じます。今は社内で一番の若手なので、まずは後輩に安心して頼ってもらえる先輩になるのが目標ですね。将来的には製造リーダーや技術開発、品質管理、営業などいろいろな道があるので、多くの経験を積んで社会人として成長したいです。