わが社のここがポイント
  • 長い歴史で培った信頼と性能で高い国内シェア
  • 景気に左右されない
  • 毎年の社員旅行で全国の社員と交流できる

当社が得意とする「電気制御機器」とは、電気を入り切りするスイッチのようなもの。一般家庭に設置するものから、新幹線、工場、非常用電源設備といった大きな電気が流れる場所専用のものまで、日常のさまざまな場面で使われる製品を手がけています。地元でものづくりに携わる仕事がしたいと考えていた私にとって、社会に貢献できる身近な製品をつくる当社は魅力的でした。自分が携わったものが暮らしを支えるインフラや、人の命に関わる非常用電源装置の一部として活躍するのは嬉しいですね。

どんな仕事をしていますか

入社から半年間の研修期間は製造部の各現場を回り、部品の製造に携わってきました。9月からは現在の部署に配属となり、製品の最終段階である「組み立て」を担当しています。複数の部品を手作業で組み合わせて製品の形にしていくため、ものづくりの醍醐味を味わえます。部品製造の時とは違った責任の重さを感じますが、お客さまの手元に直接届くものを作れることが、大きなやりがいになっています。

今後の目標は

当社は2020年に創立60年を迎えます。その長い歴史の中で、先輩方はお客さまとの信頼を築き、製品の性能を磨いてきました。説明会の際に「競合他社はいますか」と質問しましたが、「実績とノウハウがなければ新規参入は難しい分野」と聞き、国内でのシェアがトップクラスであることに納得しました。お客さまには聞いたことがある大きな企業も多く、こんなところにも使われているの!?とびっくりすることがあります。今はまだまだ勉強中ですが、いずれは大学で学んだ電気の知識を生かした開発にも携わってみたいですね。

信州で働く魅力は

当社のある諏訪地域にはものづくり企業がたくさんあります。諏訪にある企業が作った部品が、探査機はやぶさに採用されたと知ったときは「諏訪地域の技術力がついに地球から出た!」と感動しました。日本中、世界中、さらには宇宙で活躍するものづくりができるのが信州・諏訪地域で働く魅力です。