わが社のここがポイント
  • 総資産58兆円!世界有数の規模を誇る「JA共済事業」。「ひと・いえ・くるま」の総合保障で、地域のお一人お一人をきめ細かに支えます。職場にも相互扶助の温かな理念が生きています!

どんな仕事をしていますか

JA共済の自動車共済にご加入いただいている契約者の方や、利用者の方の事故等のトラブル対応を行っています。中でも怪我の対応が主で、病院の手配や治療費のお支払い、示談交渉も行います。事故は一つとして同じケースがなく、また怪我をされているという緊張した場面であるため、毎回が勉強の連続。先輩のアドバイスも仰ぎながら、「ご契約者さまのために」の基本を忘れず心を込めた対応に努めています。

この職場を選んだ理由は

東京の大学に進学した当初から「就職は長野で」と決めていました。そして、地元に帰るなら地域に貢献できる仕事をと考えたとき、父がJA関連の仕事に就いていたこともあり、JA共済が頭に浮かびました。総資産58兆円という圧倒的な規模力で、「ひと・いえ・くるま」という幅広い共済事業を行なっていることも大きな魅力でした。実際に入会して、福利厚生など働きやすさも充実していると感じます。

休日の過ごし方は

土日祝日・夜間は全国にある事故受付拠点で対応してくれるため、土日祝日ときちんと休みが取れ、週末は地元に帰って友人たちに会うことが多いです。距離はありますが、同じ県内なので時間が合えばすぐに仲間と集まれるのも、地元就職を決めてよかったと思える点です。アウトドアも好きなので、現在の勤務地である南信州でもキャンプ場を探したいです。