わが社のここがポイント
  • 「長野県産」ブランドの農畜産物を、自信と誇りを持って販売しているJA全農長野。活躍できるフィールドが広く、若手でも主役になれる環境です。日本の食の根幹を支える仕事ができます。

この会社を選んだ理由は

 実家が高原野菜を生産する農家のため、農業は身近な存在でした。そのため就職活動の軸も自然と「農業に関わる仕事」に。農業への関わり方はさまざまにありますが、長野県農業のために、自分にできることはあるのだろうか?と考えた時に「生産者に一番近い存在として支えていきたい」と思ったのです。全農長野は、JAグループの中でも販売・購買・生活事業を通して生産者の皆さんをサポートできるので入会を決めました。

どんな仕事をしていますか

長野県内の卸売会社を通じて、県内外のお客さまへ長野県産ブランドの農産物販売を行っています。青果物の価格は販売状況や季節によって変動するため、毎日の情報収集は欠かせません。日々、生産者の方が大事に育てた農産物を売っている、という気持ちを忘れず、生産者の皆さんの手取り向上のため、少しでも高く販売することはもちろん、卸売会社や消費者の方にも満足していただけるよう営業活動に取り組んでいます。

印象深かったできごとは

県外で行われた、長野県産野菜の試食宣伝会へ同行した際、「どんな場所で作られているの?」「この前長野産の野菜を買ったのよ」と声を掛けていただき、県産野菜の好感度の高さや期待の大きさを感じました。消費者と生産者、どちらの声も聞けるのがこの仕事の魅力。生産者と消費者を結ぶ架け橋として双方の満足度を高めていきたいですね。