わが社のここがポイント
  • 県内13医療機関を運営している長野県厚生連。病院を利用される方だけでなく、地域全体を大切にしている組織です。多職種との協働によるスキルアップ勉強会・文化活動など職員同士の交流も盛んです。

この会社を選んだ理由は

幅広い業種に触れるため合同企業説明会に参加。当連合会のブースでは、先輩社員との対話ができ、仕事内容や福利厚生について質問する中で、他の業種にはない“医療に関わるやりがい”を感じたのです。長野県は長寿県ですが、豊かな生活は健康な身体があってこそ。健康に暮らすことの手助けができる仕事がしたいと厚生連を選びました。また、先輩社員の人柄から「この人たちと働きたい」と思えたことも決め手です。

どんな仕事をしていますか

入院されている方の医療費計算を担当しています。これから手術を受ける方は心身ともに不安が大きく「医療費が高額になったらどうしよう」と心配されている方も多くいらっしゃいます。患者さまに入院費の説明をする時には、一つ一つの質問に丁寧に答え、制度や手続きを分かりやすくお伝えするように心掛けています。病棟の看護師から「患者さまが退院のときに“ありがとう”って言ってたよ」と聞くのが何よりもうれしいですね。

今後の目標は

医療保険制度や薬・医療に関することなど専門的な知識が必要となるこの仕事。研修会や勉強会に積極的に参加し、さらなるスキルアップを目指していきたいと思います。先輩からのフォローも手厚く、自身の成長を感じながら働ける環境です。医療を必要とする方に寄り添い、長野県厚生連の経営を支える一員として活躍していきたいです。