わが社のここがポイント
  • 江戸時代の創業から約260年。トライ(挑戦)とアイアン(鉄)を組み合わせた社名で鉄の卸売業と建設業を柱に事業を多角化し、多くの実績を誇ります。風通しよく若手が活躍できる社風も魅力です。

どんな仕事をしていますか

行政から発注された橋梁の公共工事に対し、製作工場で鋼製橋梁の生産管理をしています。原価計算や材料手配、工程管理から始まり、製作された橋の部材が設計図通りに作られているかを検査する仮組み立てを実施。発注元の行政職員による立会検査にも対応します。仮組立検査が通ったら錆止めの塗料工程へと進み、塗料後に工事現場への出荷手配をするまで、一連の製作過程の品質管理に関わります。

仕事で大切にしていることは

生産管理は品質が肝要。工場の職人と常にコミュニケーションをとって、製品の進捗や状態を確認しています。また鋼構造物は美観も重要なので、特に溶接の品質向上に向け、ベテラン職人が担う難しい溶接を若手に練習させ、品質への意識を高めています。橋の製作工程では社内外の多くの人が関わるため、段取りも大切にしています。

仕事のやりがいは

一つの物件を最初から最後まで見ることができます。無事に橋が架かると、人と人、場所と場所をつなぐことで地域に役立てたとやりがいを感じます。身近な物件では長野駅の新駅舎からの歩道橋を当社が製作・架設しました。付近を通る時には友人に自慢しています。当社は長年の技術やノウハウの蓄積があり、最近は大型物件も多数受注。施工エリアは全国に及び、同業他社に比べ精度の高さを実感しています。