わが社のここがポイント
  • 人道・博愛・奉仕の赤十字精神を理念としている当院。地域医療支援病院、災害時の拠点病院として地域の健康と命を守っています。職員数が多く、職種が幅広いためさまざまな活躍の場があります。

この会社を選んだ理由は

 経済学部に所属していたことから、金融業界に絞って就職活動をしていました。そんな中、転機となったのが友人の入院でした。お見舞いに行くと、友人が医師や看護師などに支えられ元気になっていく姿が印象的で。誰かの助けになる、医療関係の仕事に興味を持つようになったのです。医療=理系のイメージがありましたが、説明会で「知識や経験がなくても活躍できる」と知り、当院への入職を志望するようになりました。

どんな仕事をしていますか

人事係・給与係・福利厚生係の三つの係で構成されている人事課。私は人事係に所属し、産休・育休、育児短時間勤務の説明や手続き、社会保険関係の業務を担当しています。当院は福利厚生が充実しており、制度を活用している人が多くいます。「若林さんありがとう」と頼ってもらえることがうれしく、モチベーションになっています。

仕事のやりがいは

長野県唯一の基幹災害医療センターに指定されている当院。台風19号の際にも、救護班がいち早く現場に向かい活動を行いました。地域のみなさんの役に立ち、助けとなる病院の一員であることを誇りに感じます。一方で“日本赤十字社”の規模があるからこその学びも多く、全国の日赤スタッフが集う情報交換会や研修では他院の取り組みに触れる機会も。さまざまな学びを当院の発展に生かしていきたいですね。