わが社のここがポイント
  • 冠婚葬祭という人生の節目に携われ、他部署との関りも常にあるのでさまざまな業種に触れられる仕事。メリハリをもって働く明るい社員が多く、お客さまの大切な日をチームで支える魅力があります。

どんな仕事をしていますか

典礼部で葬儀の司会進行を主に担当しています。式の流れは宗派や地域のしきたりによって異なり、同じ葬儀は二つとないので、宗派ごとの資料はあっても全体マニュアルはありません。そのため先輩の動きを見て学び、不明な点は質問をしつつ、ご遺族の方やお寺さまとの打ち合わせを通じて進行がスムーズに進むよう心掛けています。

仕事で大切にしていることは

葬儀では身内を亡くされ、不安なご遺族の方が多いです。あまり話せない方もいれば笑顔で思い出を語られる方もいますので、話のテンポに合わせ表情から気持ちを読み取り、それぞれに応じた接し方を大切にしています。また葬儀の進行は司会者が責任者になり、会葬者の流れなども司会者がインカムでスタッフに指示を出すので、困っている方がいないか、打ち合わせ通りに式が進んでいるかなど常に全体把握に努めています。

仕事のやりがいは

葬儀は未知の世界だったため難しいことが多く、言葉の掛け方やその場に応じた提案力など勉強の毎日ですが、少しずつ臨機応変の対応ができるようになりました。そうした中で「やっと落ち着いた、おかげさまで葬儀を無事終えられた」と感謝の言葉をいただくと安心しますし、なかなか経験できない仕事に挑戦してよかったと感じています。今後はご遺族の方により寄り添えるよう、幅広い知識を身に付けていきたいと思っています。