わが社のここがポイント
  • 工業用ロボットや自動車分野に展開しているコネクタ専業メーカです。2016年には東証一部に上場しました。中堅企業ならではの幅広い業務経験を通じて、早い自己成長を実感できる、面白みのある会社です。

この会社を選んだ理由は

 「長野県で、ものづくりに携わりたい」。そんな思いを胸に、東京で開催された県内企業の合同説明会に参加しました。ものづくり企業のブースが数多くある中、最も興味を惹かれたのが当社。特に“新しいものづくり”に力を入れ、戦略的に事業を展開している点が魅力的でした。エンジニアとして、ロボットやAIなど最先端の技術に携わってみたいと希望していたので、ここしかない!と入社を決めました。

仕事のやりがいは

本多通信工業はコネクタの専業メーカー。入社前は「コネクタって何だろう?」と思っていましたが、当社がトップシェアを誇る光ケーブルなど、意外と身近にある製品なんです。私はコネクタの生産設備の設計・導入などを担当しています。チャレンジを歓迎する社風なので「やりたい!」と手を挙げて、大きな設備の設計を1から担当する機会も得ました。自分が手掛けた設備が工場で役立っているのはうれしいですね。

今後の目標は

他の誰かがやったことのない、新しいものづくりに取り組んでみたいです。当社の強みは、80年の歴史で培ってきた技術力をベースに、時代のニーズに合わせた最先端分野に展開していること。入社の決め手となったロボットやAIの分野で、いつか特徴のある製品を生み出したいです。そのためにも、常にチャレンジし続けます!