わが社のここがポイント
  • 創業から100年以上、高い技術で地域の暮らしを支える総合建設企業です。近年は地中熱による環境事業も積極展開。スケールの大きな現場を手掛ける中で、女性技術者の活躍も増えています。

この会社を選んだ理由は

もともとトンネルやダムなどの土木構造物が好きで、大学では土木工学を専攻。学ぶ事例の中で「守谷」の名を聞くことも多く、全国的に知名度と実績のある企業だと実感していました。実は亡父も当社に勤めていたので、小さい頃からの憧れもあったのです。山道をドライブする途中でよく、父から「この橋はウチが作ったんだよ」「このトンネルは守谷で手掛けたよ」と教えられ、子ども心にすごいなと感じていました。

どんな仕事をしていますか

入社1年目は土木工事の施工管理を担当。現場の流れを学んだ後、2年目から当社で手掛ける地中熱事業のデータ管理に関わっています。この事業は、年間通して一定の温度環境にある地中の熱を、再生可能エネルギーとして活用しようというもの。週ごとのデータを整理する中で、効率の良し悪しや効果の変動が目に見えて分かるので面白いです。時には県内の環境フェアなどに出展し、地中熱の周知にも努めています。

職場の雰囲気は

話しやすい先輩が多く、分からないことはすぐに教えてもらえるので、1年目からスムーズに仕事に慣れることができました。長年培われてきた現場のノウハウは、データとして社内で一括管理。似た現場を担当する場合に参考にできるのもありがたかったです。資格取得や講習参加への補助など、学習機会にも恵まれていると思います。