わが社のここがポイント
  • 生活基盤となるあらゆる産業につながる仕事です
  • 女性社員も多く、結婚・出産後も長く活躍できます
  • 教育制度が充実。一人一人が成長できる風土です

この会社を選んだ理由は

当初は東京と長野、どちらで働くか決めきれずにいましたが、「居心地の良い環境で暮らしていきたい」という思いから、地元での就職を決意。職種を絞らず就活をする中で見つけたのが当社でした。入社の決め手は、空気圧機器の実用性が目に見えたこと。工業機械だけでなく、電車の自動扉やビールサーバーの配管にも利用されていることを知り、暮らしに寄り添った製品作りができる点に魅力を感じました。

どんな仕事をしていますか

圧縮空気の配管に欠かすことのできない「継手」のモデルチェンジの際に必要となる性能評価を担当しています。空気漏れの有無や装着、解放力の測定など、多くの評価項目に沿って実験を行い、その結果を報告書にまとめます。報告書は製品の品質を示す重要な書類ですので、その責任は大きいです。慣れないうちは何度も修正を加え、完成までに時間を要しましたが、今ではそれを乗り越えてきた経験が大きな自信につながっています。

職場の雰囲気は

入社1年目は製造で組み立てを学び、翌年の夏に技術開発グループへ配属。文系出身で専門知識がほとんどないところからスタートしたため、最初はやっていけるのか不安もありました。それを拭ってくれたのが社員一人一人をしっかり育てる当社の風土です。基礎から丁寧に教えてくれる職場の雰囲気と教育制度(社内外の講習会、通信教育制度、資格取得制度など)が充実しており、学びのチャンスが豊富にそろっているため、着実に成長できています。