わが社のここがポイント
  • 充実した研修制度で理系・文系問わず活躍できます
  • 土日祝日・連続休暇等、抜群のワークライフバランス
  • 八十二銀行グループの情報戦略を支えるやりがい

この会社を選んだ理由は

地方創生に興味があり、就活中は、県内の経済活性化を担う地方銀行を中心に企業研究を行っていました。転機となったのは、八十二銀行の説明会で当社の仕事を知ったこと。銀行業務を支えるバンキングシステムの重要性を改めて感じ、情報インフラ面から地域経済を支える技術に大きな魅力を感じたのです。プログラミング経験は全くなかったのですが、研修制度が充実していることも決意を後押ししてくれました。

どんな仕事をしていますか

所属する開発二部では八十二銀行からの依頼を受け、チーム体制で銀行業務に必要なシステムの開発に取り組んでいます。プログラミングの中心となるのは入社1〜2年目の若手メンバー。早い段階から開発の主力となれるのは、情報系専攻の同期社員にとって魅力です。私自身はまだ知識が浅いので、先輩や上司に聞きながら対応していますが、一つの案件を終えるたび、ひと回り成長できたようなやりがいを感じます。

今後の目標は

7月に基礎研修が終わり、今後は金融機関の仕組みや銀行業務の知識などを社内勉強会で学びます。「専門性を生かして地域に貢献する」ことが、学生の頃から目指していた働き方なので、しっかり知識を吸収していきたいです。尊敬できる先輩方が身近に多いので、そのスキルの高さや働き方を見習って、1年たった時には自分も、新入社員の方に頼ってもらえる存在になりたいです。