わが社のここがポイント
  • 地域密着型の食品スーパーです
  • 明るく元気なスタッフがお客さまをお出迎えします
  • お客さまの「おいしい」の言葉を目標に頑張っています

この会社を選んだ理由は

就職活動では、最初から具体的な職種は考えていませんでした。学生時代に経験した飲食店でのアルバイトで、お客さまから「おいしかったよ」と言ってもらえた時のうれしさが根底にあったため、地域に恩返しができること、その中でも、直接お客さまと触れ合える仕事を意識するように。該当する企業をいくつか受けましたが、説明会で出会った当社の人事担当者の方の明るさや、社員の方の元気の良さが会社の雰囲気を表しているようで、魅力を感じました。最終的な決め手は、内定の理由を直接教えていただけたことです。とても熱意ある言葉をいただき、私個人のキャラクターをしっかり見ていただいたと感じ、ここで頑張ろうと決めることができました。

どんな仕事をしていますか

大町店の惣菜部門に所属し、日替わりで揚げ物や天ぷら、焼き物に蒸し物、煮物などの温惣菜や、サラダなどの冷惣菜、お弁当やお寿司を製造し、パック詰めから、値付け、売り場への品出しなど一連の作業を担当しています。揚げ物なら揚げる時間やパック詰めの仕方、お弁当ならどういう順番で盛り付けをするかなどの流れが丁寧に記されたマニュアルに沿って仕事をしていきます。他にも、その日に売れた量などから、次に必要な材料を計算し、冷惣菜などの発注作業を行うこともあります。特にお寿司やお惣菜が非常に売れるお盆や年末年始などの時期は、毎日とても忙しいですが、お客さまと接する機会も多くやりがいのある仕事です。

仕事のやりがいは

お弁当やお寿司など手間がかかる商品は、気を抜くと付属のタレが染み出たり、容器から具材がはみ出たりと、見た目が不格好になってしまいます。それではお客さまが手に取って「おいしそうだから、購入しよう」とはなりませんので、特に盛り付けには注意を払います。その分自分の作った商品を買っていただいた時は達成感がありますね。私がこの仕事を選んだ理由でもありますが、売り場に出ている時にお客さまから「これがおいしいからまた買いに来ました」と話し掛けていただくと、やりがいを感じます。今は「ありがとうございます!」と簡単なあいさつを交わす程度ですが、今後はお客さまとのコミュニケーションをもっと楽しみたいと思っています。