わが社のここがポイント
  • 年の離れた上司とも気さくに話せる和気あいあいとした社風
  • 他部署との連携も強く、協力体制で多くの実績を誇ります
  • 創業は江戸時代と老舗ながら時代に合った社会的役割を追求

どんな仕事をしていますか

大学で材料力学や鉄について学び、その知識を生かせる鋼橋製作の仕事に魅力を感じ入社しました。現在は橋梁(きょうりょう)や歩道橋の公共工事で施工管理を担当。ベテランの先輩と組み、工程管理や品質管理、規定の規格基準内に収まっているかを実測・管理する出来形管理をはじめ、安全管理や予算管理なども行っています。発注者である行政担当者が現場に立ち会う際は進捗(しんちょく)報告や状況説明をすることもあります。

印象深かったできごとは

社内で当時最高難易度とされた木曽の山間部の橋梁工事では、螺旋(らせん)状でヘアピンカーブになっている橋をどうやって正確に、そして安全に施工すべきか念入りに計画を立てました。クレーンの位置がなかなか決まらず何度も計算し直し、最後まで無事に完成させることができました。現場状況や橋の形状が毎回違い、天候にも左右される難しい仕事ですが、その困難を乗り越えた時は大きな達成感を感じています。

職場の雰囲気は

皆さんとてもフレンドリーで、困りごともすぐに聞ける雰囲気で、特に工事部は個人用デスクがないフリーアドレス制のため、コミュニケーションが活発です。また発注者との最前線での打ち合わせは工事部が担うため、工場で鋼橋を生産する製造部や営業部など他部署とも細かく連携を図っています。今後はさらにスキルを上げて一人前になることが目標。先日1級土木施工管理技術検定試験を受けたので今は結果が楽しみです。