わが社のここがポイント
  • 地域の治安を守り、日本一安全・安心な信州を目指します
  • 一人一人の個性が生かせる、多彩なフィールドがあります
  • 人を助け、人に寄り添い、社会貢献を直に感じることができます

この仕事を選んだ理由は

警察官を志したのは小学生の頃です。テレビで放映された警察特番で、違反者には厳しく、市民に優しい白バイ隊員の姿を見て憧れを抱きました。他県出身の私が長野県警察を選んだ理由は、大学時代の苦い思い出があるからです。信州の自然に魅了され、ビーナスラインや蓼科山へツーリングに訪れていた時、マナーの悪いドライバーに遭遇し、旅の思い出が台無しになったことがありました。多くの方が楽しい時間を過ごすために訪れた旅先で、悪質な交通違反や悲惨な交通事故により、その時間が悲しいものになることは許せません。交通指導取締りや啓発活動などに取り組み、県民・来県者に安全・安心な信州を楽しんでもらいたいと思い、長野県警察を選びました。

どんな仕事をしていますか

交番所員として、松本警察署松本市村井・寿交番に勤務しています。交番の業務は多岐にわたり、パトロールや遺失・拾得物の受理、地理案内、地域住民のお宅を訪れ意見・要望を聞く巡回連絡、事件事故の初動捜査などを行っています。その中で私がもっともやりがいを感じている業務が、交通指導取締りです。これまで多くの交通事故を目の当たりにしたからこそ「同じような悲惨な状況になってほしくない」という気持ちで活動しています。特に違反者には丁寧にその危険性をかみ砕いて説明するよう心掛けています。この声掛けで違反が少しでも減り、交通安全につながればうれしいです。将来的には白バイ隊員として交通機動隊に所属し、県内の悲惨な交通事故を減らすことに貢献したいです。

印象深かったできごとは

迷子の110番通報を受け、現場に急行したことがありました。小さなお子さんを無事に保護し、親御さんの元に引き渡すことができてほっとしたことを覚えています。ご両親は涙ぐみながら「ありがとう」と何度も感謝の言葉を掛けてくださいました。また、パトロールや巡回連絡の際には「ご苦労さま」「寄っていきな」と声を掛けていただくこともあり、長野県民の皆さんの温かさを感じながら仕事をしています。警察官の仕事は、決してかっこいいことばかりではなく、大変なこともありますが、その分感謝の言葉をいただくことや、やりがいを感じる瞬間も多いです。今後も県民の皆さまが安全・安心に暮らせる社会を目指し、地域に密着した活動を行っていきたいです。