わが社のここがポイント
  • 自動ドアの名ブランド「NABCO」の施工販売代理店
  • 創業50年、工事と修理の両輪で安定経営を継続中
  • アクティブな人が多い、活気あふれる会社です!

どんな仕事をしていますか

自動ドアの取付けや保守・メンテナンスが主な業務。コンビニ、公共施設、病院のドアなど長野県内でのシェアは7割以上を誇ります。ステンレスシャッターのような重いもの以外は、基本的に1人での作業ですが、運び方や取り付け方にコツがあるので、覚えてしまえば意外とスムーズに動かせます。ただ、新しい建物の仕上げ工程に関わることが多いので、周囲にぶつけて傷付けることがないよう細心の注意を払っています。

印象深かったできごとは

入社2年目に、ある携帯ショップの入り口を、初めて1人で担当しました。打ち合せから搬入、取り付けまで、全て任されたプレッシャーと完工した時の達成感は忘れられません。営業所ごとに案件の特徴があり、今は別荘の敷地を区切る特殊門扉やホテルの防火扉、病院内のミニフォールド(4枚折れ戸)などを扱うことが増えています。施工要領書がないものは自分で考えながら取り付けるのですが、ピタリとはまった時はとても気持ちがいいですよ。

今後の目標は

maezumi人と話すことが好きなので、いずれは営業を目指したいです。そのため、まずは当社で扱う製品を、特殊扉も含めすべて手掛けることが目標。技術力があればお客さまとスムーズに話を進められますし、その場で点検修理ができるのも強みになると思います。今は、技術部門から営業に就いた先輩を見習って、知識や経験を増やしています。当社は先輩後輩の距離が近く、気軽に相談しやすい雰囲気ですので助かっています。