わが社のここがポイント
  • 創業100年以上、地域を支える老舗総合建設企業
  • 固定観念にとらわれず、新しいことに挑戦できる環境
  • 県優良技術表彰、林野庁長官賞など受賞実績多数

この会社を選んだ理由は

もともとものづくりが好きで、在学中はコンクリート材を中心に土木全般を専攻。祖母が入院した際に、小諸市の自宅から病院まで新しく開通した高速道路を利用することで、その便利さを実感すると共に、土木の仕事で地域貢献したいという気持ちが高まりました。当社への決め手は、説明会で大規模な橋脚工事の現場を見せてもらったこと。先輩方のように、地図に残る仕事ができる技術者を目指したいと強く感じました。

どんな仕事をしていますか

入社してからは佐久穂町の県道新設工事で、先輩から現場管理の方法を学んでいます。作業員の方とスムーズに工事を進めるには、全体を見渡す視野の広さが必要だと痛感。先輩からしっかりノウハウを学び、経験を積んでいきたいです。この現場では壁面にテールアルメ工法を採用していますが、知識でしか知らない工法だったので、実際に補強材を敷設し締め固めていく施工過程を見ることができ、とても勉強になりました。

職場の雰囲気は

情報通信技術(ICT)を駆使した施工を積極的に取り入れ、週休2日を推進するなど、現場の働きやすさを考えてくれています。私自身、人工衛星からの信号を活用するGNSS測量システムを使った位置出しやドローンでの現場撮影を経験。シムモデルやICT建機をフル活用している現場もあり、新しい技術にもどんどん触れられます。先輩方もやさしく、分からないことは丁寧に教えてくれる人ばかり。県の優良技術者表彰を受けた方も多く、刺激になります。